元祖ジョイント式速読術
元祖ジョイント式速読術【新日本速読研究会】

お待たせ致しました。スペシャルコースの登場です。

どんどん本を読みたい方、受験や試験を控えている方、眼の疲れや視力低下に悩んでいる方
に、是非おすすめ!

 ◎理解力を落とさずに本が速く読めるようになります!
 ◎長文試験問題を何回も読めるのでミスがなくなります!
 ◎コンピュータ訓練により記憶力・集中力がアップします!
 ◎受験勉強・資格試験の学習効率がアップします!
 ◎眼筋訓練により長時間の読書でも疲れにくくなります!


文章に対する理解度や感覚などはそのままでいながら、速く読めるようになるための
トレーニングシステムです。パソコンのモニターを眺めて目を動かすだけで、
脳が活性化され記憶力・集中力・理解力など様々な脳力の向上が期待できます。

この速読トレーニングは「読む」練習ではなく、段階的にプログラムされた速度で
画面に現れる文字や文章を見ることから始まります。
過去に体験したことがないような高速状態で目の前の文字を移動させることで、
脳の可塑性(視覚からの刺激に順応する特性のこと)を作動させ、
追いかけるように文章内容や意味を認識する速度を向上させます。

簡単にいうと、この状態は車の運転時の感覚と同じです。
例えば一般道路を40kmで走行した後、高速道路で100kmまで速度を上げると、
最初は早く感じますがそのうち慣れていきますね。そして再び一般道路に下りて
40kmまで速度を落とすと、今度はやけに遅く感じるようになると思います。

この感覚と同じように、高速トレーニングを行うことで、元の速度に戻ったときには
自分の読書スピードが遅く感じられますが、実際には理解度や感覚は劣化させずに、
今までより数倍早く読めるようになっているという現象が生じるのです。

日本人の平均読書スピードは1分間に400〜600文字程度。
大学入試センター試験の国語の問題で18,000字前後使われている試験を考えてみると、
分速400字では問題を読むだけで45分もかかってしまいます。
分速4,000字ならば4〜5分ですみます。その差、実に40分です。
分速400字で1時間勉強する人が、分速4,000字になると同じ勉強量でも5〜6分、
分速8,000字になると2.5〜3分で済むんです。

本気で脳を鍛えて受験や就職に活かしたい方、速読の効果があなたを変えます!


<トレーニングのサンプル版付き>

商品が届いたら、先にサンプル版を3日間試してみてください。
もし3日間で読書速度が2倍に満たなかった場合は、商品を開封せずに
購入後10日以内に連絡すれば、何も聞かずに喜んで全額返金してもらえます。

<「元祖 速脳速聴術」基本プログラムCD-ROM付き>

高速の音声を聞き分ける訓練を行うことで、英語学習に最適なリスニングによる
脳の情報処理能力を高めることができます。 聴力に刺激を与えることで
脳の知的機能の活発化が急速に起こり「聴く」「話す」力がグーンとアップ。
「ハイパー速読術」と合わせて学習すれば、さらに効果的です。

※これはWindows用のCD-ROMです。Macには対応しておりません。
 Windowsでも使えない場合もありますので、ご購入の際は、動作環境を
 よく確認してからにしてください。詳しくはお店へお問い合わせください。
[PR]
by pichipichipichi | 2006-09-02 21:53 | スペシャルコース
えんぴつで書く本 >>
Top
脳トレの方法お教えします。脳年齢を若返らせるためには好奇心を持って日々鍛える事が大切です。
by pichipichipichi



引っ越してきました。
記事の移し替え中です。
カテゴリ
はじめに
ウォーミングアップ
アナログコース
デジタルコース
スペシャルコース
コラム
脳に効く図書室
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧